憧れの一戸建てを手に入れよう!

自分たちだけの住宅を持ちたいと思っている方は数多くいるでしょう。ここでは憧れの一戸建て住宅に関する情報を紹介しています。一戸建てには注文住宅と建売住宅の2種類があるので、まずはその違いについて把握していくと良いですよ。長く暮らしていく家になるので、慎重に考えていきましょう。

知っておこう!注文住宅と建売住宅の違いについて

注文住宅

間取りや仕様、設備、内装、外観など住宅に関する全てのことを自由に決められるのが注文住宅となっています。住宅のデザインを一から考えていくので、こだわりや要望を十分に反映させた家づくりをすることが出来るでしょう。

建売住宅

間取りや仕様などが決まっている住宅を購入していくのが建売住宅です。既に建てられている建売住宅の場合だと実物を見学することが出来るので、暮らしのイメージが湧きやすいのがポイントとなっています。

安心した暮らしを追求する

最近では安心した暮らしを求めて二世帯住宅にする家庭が増えています。親と一緒に暮らしていくスタイルは子育ての支援や介護の心配、経済面での助け合いなど様々な面で役立つことが多いです。大阪狭山市や南大阪では二世帯住宅にスポットを当てている注文住宅や建売住宅が多いのでチェックしてみると良いですよ。あわせて、二世帯住宅のメリットも確認していきましょう。

気になる!二世帯住宅で暮らしていくメリットとは?

女性

日常生活で色々と協力が出来る

二世帯住宅では、色々ある日常生活をお互いに協力し合えることがメリットと言えるでしょう。家事を手伝ってくれたり、子供の面倒を見てくれたりなど生活をサポートしながら暮らしていけますよ。また、二世帯で暮らすので家を完全に留守にする時間が少なくなって、防犯性も高まる効果があるのも嬉しいです。

コスト削減に繋がる

二世帯住宅は経済面において大きなメリットがあります。まず、相続税を軽減させる力を持っているでしょう。また、暮らしていく上で必要となるエネルギーの消費量も削減することが出来ますよ。同じ住宅に住んでいるので光熱費が安くなる効果があります。その他にも二世帯住宅にすることによって一部の税金が軽減されるので、色々な面でお得になれるでしょう。

安心感がある

離れているより、同じ空間で暮らしていくことで精神的にも安心感があります。何かあったらすぐに頼ることが出来るという環境はとても魅力的です。また、頻繁に交流をすることも出来るので家族との絆が深まっていくでしょう。

二世帯住宅のタイプ

一部共有タイプ

それぞれのライフスタイルや暮らしの希望を考慮して、住宅設備の一部分を共有するタイプを「一部共有タイプ」と呼んでいます。主に玄関のみ共有、玄関とリビングのみ共有などがありますよ。色々なスタイルを選択することが出来るでしょう。

完全共有タイプ

寝室などプライバシーである部分は分かれていますが、リビングやキッチン、浴室、トイレなどのスペースを共有して使うのが「完全共有タイプ」となっています。お互いの協力をしながら暮らしていきたいと希望する家庭は、このタイプが適していますよ。

完全分離タイプ

1つの住宅を左右や上下で分けてそれぞれに住宅設備の機能を持たせたり、同じ敷地内に2棟あったりするタイプが「完全分離タイプ」です。気軽に合える安心感は持ちつつも、自分たちのペースで生活することが出来ます。

広告募集中